読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるワーママのふたり育児記録

2013年5月第一子出産。 2015年12月第二子出産。 第二子妊娠中、28週で切迫早産と診断されてからの記録。主に育児中心のひとりごとです。ゆるゆるアラサーワーママです。

出産回顧録 娘編

f:id:piyobou:20151026220122j:plain妊娠後期に入り フツフツと蘇る出産の記憶


娘妊娠中はこれといってトラブルもなかったんだけど


とにかく出産に対する恐怖が半端なくて


途中まで無痛分娩で産みたいって思ってました。


妊娠何ヶ月か忘れたけどの検診の時

「ここは無痛分娩はないですか?」


と聞いたら


「うちはねーやってないんだよねー。でも、アナタ普通で産めそうだよ!大丈夫!」

と先生が言ってくれたもんだから


単純な私は


じゃあ普通分娩で頑張ってみようと思ったのです。


とにかく歩くのがいい!というスピード安産だった先輩ママのアドバイスを元に


安定期になってからは毎日徒歩30分かけて通勤し


妊娠後期から産院のマタニティヨガに参加して呼吸法を学んで(出産時は全く生かされずw)


毎晩ストレッチして身体を柔らかくし


安産のツボだという三陰交にお灸をし


会陰マッサージも欠かさず行い


産休に入ってからは毎日2㎞歩いた。


ありとあらゆる対策をしましたね。


そしてお腹にいる娘には毎日のように「3000gになったら、つるんと出ておいでね〜」

※3000gに根拠は特にありませんw


「お父さんといるときに出てくるんだよ〜」

と語りかけていました。


臨月に入ってすぐの金曜日の満月の夜。


ベランダに出て満月パワーを貰って眠りについた翌日。


明け方お腹の痛みで目が覚めた私。


まだ全然我慢できるレベルなので再び眠りにつくものの30分後 また痛い。


これは前駆陣痛なんだと勝手に解釈をしたが


また痛みの波はやってくる。


念の為時間を測ると10分おき!


でもまだ我慢出来るレベルの痛み。



そしてトイレに行くと出産の兆候って聞いてた大量のう◯ち!


おしるし!!



これは揃った!!!


産院に電話すると 入院の荷物を持って来てくださいとのこと。


長期戦を覚悟し


シャワーを浴びて


おにぎりを食べて


出発!!!


陣痛って波があるからその波の間に色々やってしまえばわけないのです。


痛いのは30秒ほどなのでね。


タクシーで夫と産院に向かうとLDRに連れて行かれた。


助産師さんに子宮口を診てもらうと9㎝開いてると言われた。


「よくここまで我慢したねぇ!」

とびっくりされたのを覚えていますよ。


我慢したつもりはないんだけどなー。


陣痛の波の間に入院着に着替えた。


ここからがなかなか進まなくて、浣腸をしてさっきスッキリしたもんだからもう出ないモノを出して


院長の内診のあとスパルタ指導


「こんなんじゃ産まれないよ〜。はい、降りてスクワットね」


鬼!


廊下をひたすら歩かされ プルプルしながらスクワット。でも一回が限界!



この時の痛みは生理痛と下痢の腹痛がセットになって500倍って感じ。


陣痛の波が来たらいきんでみようといわれていきんでみるものの浣腸をしたせいでいきむとゆるゆるう◯ちが出てしまいなかなかいきめない( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )


そしてその波が来ると夫に肛門を押してもらうんだけど押しが甘くて


もっと強く押せ!とキレていた。


夫の手には私のう◯ちがついたらしい。


後日複数の友達夫婦(子あり)の前で


笑いながらその話をしやがったので 殺意を覚えたの。


妻が必死で陣痛に耐えてるのになんてデリカシーのない男なんだよ。


でもまあ今なら笑えるか。



そんなこんなを繰り返すこと約3時間。


再び子宮口をチェック。


よく分からないが分娩室に連れて行かれ分娩台に乗せらせた。


私は え!もう産めるの!と思った。


10時間ぐらいを覚悟していたから。


分娩台に乗るとあっという間で 


何回めかのいきみでパシャ〜と破水したのが分かった。


でも何回いきんでも赤ちゃんが出てくる感じがせずに


もう力尽きそう。。というところでスパルタ院長が


「吸引〜」と言ってるのが聞こえた。


もう何でもいいから出してくれー。


と思っていると「次の波で出すよ〜!」と助産師さん


火事場の馬鹿力って多分こんなときに使うなーって思いながら渾身の力を込めて


尚且つ吸引してもらって


次の陣痛で娘はやっと出てきた。


泣き声を聞くまでの何秒間かがとてつもなく長く感じ 不安だったのを覚えてる。


元気な泣き声が聞こえて胸元に赤ちゃんを連れてきてくれた。


ちっちゃくて真っ赤で  


でも


あったかくて震えてた。


痛みなんて赤ちゃん見たら吹っ飛ぶよ!って言われていたけど本当でした。


娘はジャスト3000gで産まれてきた。


私の声 ちゃんと聞こえてたんだ! 

応えてくれたんだ!


って思うと愛おしくて愛おしくて涙が止まらなかった。


5時間18分。38週と1日での出産でした。



ちなみにマタニティヨガで習った呼吸法はぶっ飛んで忘れて 


いきむときに顔に力が入ったので顔に内出血の赤い点々が出来てしまい


吸引分娩だったので会陰はビリビリ裂けてしまいました( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )


陣痛中 ずっと頭の中では 無痛分娩ってどこから痛くないんだろう〜


って考えてたけど


私にとっては出産の痛みより


会陰の傷と


産後の痔の方が辛かった。


あれは辛かった。


立会い出産はどうしてもしたくなくて


夫はカンガルーケア中に泣きながら入ってきた。


今思えばう◯ちまで触られた訳だし


 立会いでも良かったのかな〜



こうして今当時を振り返ってみると‥



出産 やっぱり怖い!!



今回はどんなお産になるのかな。


ぼっちゃんは とにかくまだお腹に居てね。