読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるワーママのふたり育児記録

2013年5月第一子出産。 2015年12月第二子出産。 第二子妊娠中、28週で切迫早産と診断されてからの記録。主に育児中心のひとりごとです。ゆるゆるアラサーワーママです。

余裕が欲しい

仕事しながらふとキーボードを打つ自分の指を見て、指毛がぼーぼーだと気付いた。

身だしなみには気をつけねば!



毎日毎日あっという間に過ぎていく。

1日が短いのは6時に起きて、20時過ぎには子供たちと一緒に寝てるからなのもあーる。

だって眠いもん。私、寝ないと無理な人なんです。しかも夜中に授乳で起こされるから、これぐらい寝てちょうどよい。

しかし朝から晩まで慌ただしいこと。

上の子を保育園に連れて行き、そのあと下の子を保育園に連れて行き、
気持ちがセカセカしたままの余熱で会社に行き、短い時間で仕事をし、

少しでも手が空くと今日家路に着いてからのシュミレーションをぼーっと。
トイレの時とかもぼーっと考えるのは家のこと。家事のこと。

帰ってからまず何から取り掛かるか。
お風呂?
御飯?

今日は魚料理だから手や口が臭くなるからお風呂は後だな、とか。

その前にまず米炊くぞ、とか。

そんな事ばかり考える。


前の日に次の日の夜御飯の支度をしても、また翌日にはその次の日の御飯の支度が待っているわけで。

終わらない家事。

上の子のお迎えで保育園で15分程ダラダラ過ごすと、15分押したこの時間をどう取り戻すのか、考えればイライラ。その時間を割り切って楽しめれば良いのだけれど。

余裕がない。
余裕が欲しい!
朝、上着を着て、いざ出発というときになって子供が出がけに「トイレ〜」という事にイライラしない余裕が。

取り替えたばかりのまっさらなオムツに息子に大量うんちをされても笑って取り替えられる余裕が。

御飯だよ〜とお皿を並べた途端お皿をひっくり返し、皿をブンブン振り回す息子の事を可愛いと思える余裕が。


余裕が、ほしいーー!!!!


だがしかしどうしようもなく苦しくなったら、何かを手放せば良い話で。

今の仕事に固執する理由もないのなら手放せば良いの。

そう思って、がんばろ。

今週は1週間通しで出勤できました。

頑張ったぞ私!
頑張ったぞ家族!

今日は復帰祝いに会社の先輩とフレンチしてきました。

なんだかんだ、恵まれてるな私は。

ありがとう夫。

こんなちょっとしたご褒美があるから頑張れる。
これからも頑張ろう。