読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるワーママのふたり育児記録

2013年5月第一子出産。 2015年12月第二子出産。 第二子妊娠中、28週で切迫早産と診断されてからの記録。主に育児中心のひとりごとです。ゆるゆるアラサーワーママです。

義実家でストレーース

3泊4日、乳幼児抱えての帰省のストレーース!吐き出しまっせ〜〜〜〜

 

最初に断っておきますが義母は義母としてはとってもいい人です。

 

普段はあっさりしてるし、口は出さずにお金だけ出してくれるタイプ。ふはは!

 

でもね、人としてなんていうかとっても癖があるんです。

押し付けが凄いっていうか。一人で突っ走るっていうか。

いい人なんだけど、ね。

 

出てきたお野菜とか、

「おいしいですね〜これ」って言おうもんなら

「うまいべ?送ってやっから。東京にはないもんねぇ」って。断る余地、無し。

 

お米なんかも自分達で買ってるのがあるから要らないって言ってるのに送ってくれようとして実際送ってくれます。

子供服も近くの工場から大量に貰ってきて、送ってくれるの。

断ってもダメなの。義母はこちらが断ることとか想定してないの。

 

だから、義母の前では全てイエスマンでいるようにしてるの。

 

そんな義母宅への帰省。

 

憂鬱の原因は何だっただろう、振り返ります。

 

①気を遣う

やっぱり一番はこれだよね。今トイレ使っていいかな、とか、朝何時に起きればいいんだろう、とか、歯磨きのタイミングとか、お皿何処まで洗えばいいの、とか(シンクの周りに食べかけや飲みかけの茶碗が散見)

 

②ほぼ何もさせてもらえない

ご飯の支度を手伝おうとしたら、「いいから座ってて!」って言われて何もさせてもらえない。気まずい。でも他人に台所使われるの嫌な気持ち分かる。しかし、何かさせてくれ!

洗濯を一回させてもらったら自分の物だから自分で干したかったけど(下着とかあんまり見られたくないしね)

「やるから子供たち見てて!」って言われるし。色々暇。(笑)

そこは割って入ってでもやるべきって思われるでしょうが、本当に入る隙がないんですよねぇ。

こき使われるよりマシだよね、そういい聞かせて開き直ってのんびりさせてもらうけどやっぱり肩身狭い。

最後の方は義母が居ない隙に洗い物とかやってたけど料理は一回もせず。

息子の離乳食は瓶入りのもの持って行きました。

 

www.shioji.co.jp

 

抜かりない私は普段はちゃんと作ってあげていてこういうときは仕方なくベビーフードに頼っていることをアピールすることも忘れません。

因みにこのベビーフードは添加物も入っていなくてオーガニックなので安心です。

 

 

③ご飯の量が凄まじい

ご飯の量がめちゃくちゃ多いんです。昔オーストラリアで留学していた頃、ホストファミリーが提供してくれた料理の量の多さに辟易していましたが、義母の料理はホストファミリーもびっくりな量。チャーハンとか3人前ぐらいだし。今は授乳してるからかなり大食いになっている私ですがそんな私でも完食するのがやっとなほどの量。そして次から次に「これも食べてねぇ」ってヨーグルトやら揚げ物や、出てくる。そしてそれはほぼ強制。因みに義実家は皆普通体型です。

 

④子供たちへの接し方がイライラ

子供連れての義実家あるあるなのかなー。

あげたくないもの(お菓子とかジュースとな)与えられる、とか。

今は3歳だからほぼ甘い物やジュースは解禁してますが、前はヤクルトあげられそうになったり、アイスあげられそうになったり。

義母の中では甘いものを与えない=可哀想という式図らしい。

義姉の所に2歳の子供(子供達にとって従兄弟)がいるんだけど2歳にして清涼飲料水がぶ飲み。
アイス爆食い。
お砂糖ばっかり摂取してるとキレやすくなるとか、集中力なくなる、とか言いますよね、、、
義姉も特に気にはしていないみたいだから別にいいんだけど。

 

そして一番のストレスは従兄弟との喧嘩だった。

従兄弟は義実家近くに住んでいるから帰省中もずっと泊まりに来ていました。

義母の家のおもちゃ(従兄弟のもの)を娘が使おうとすると従兄弟が自分のおもちゃを使われるもんだから怒って全て横入りしてくるんだけど、

その度に義母は従兄弟に「◯◯はいいんだよっ!怒」「貸してあげなさいっ!怒」て言うもんだから申し訳ないやら可哀想やら。

やっぱり孫は孫でも嫁が産んだのか娘が産んだのかで全然違うようで、うちの娘にはお客様対応で怒ったりもしなくて、

それが逆にストレスで。

子供たちが喧嘩して娘が従兄弟に手を出したので私が叱ったら娘が泣いたんです。

そしたら、「そんなに言うことないべぇ。泣いたら可哀想だぁ」と言われてしまい。

あ、自分の孫にはガンガン怒ってましたけどね。「男の子はいいんだぁ」って。

 

 

あと、義実家では好きな時に好きな物を食べたいだけ食べる方針みたい。

我が家は果物やヨーグルトは食後って決まってるんだけど全て一度に食卓に並ぶものだから

娘「ヨーグルト食べたいなぁ」

私「ご飯食べたら食べようね」

ってやり取りしていたら

独り言ともつかないかんじで

「食べたいもの食べるのがいいんだぁ」

って。

因みに「◯◯だぁ」って、これ方言です。

 

うーん、うーん、やっぱり子育ては家庭によって違うから、ね。

 

義実家遠くて良かった。

年に数回会うのがちょうどいいな。

 

年末年始は私の実家に帰る予定なのでまた、来年、かな。

 

でも東京にはない豊かな自然とばーばの笑顔が沢山見せられたから良かったかな。

 

義父は数年前に病気で他界したのですが、義母の暴走(と言うべきか)を止められたのは義父だけなので、滞在中毎日お仏壇にご挨拶してるとき

(何でこんなに早く逝っちゃったんですかぁぁぁ)って問いかけてました。

 

ほんと、何でよ、お義父さん。戻ってきてよ。

 

世の中のお嫁さん達、お盆お疲れ様っす!