読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるワーママのふたり育児記録

2013年5月第一子出産。 2015年12月第二子出産。 第二子妊娠中、28週で切迫早産と診断されてからの記録。主に育児中心のひとりごとです。ゆるゆるアラサーワーママです。

28W5D 入院3日目

入院が長引きそうなので義理母が遠方から暫く泊り込みで来てくれることになりました。


家は汚いままだし 急なお願いだし


かなり後ろめたい気持ちでしたが


何でも頼って!との力強いお言葉。


甘えさせてもらうことになりました。


因みにですが


我が家は夫婦共お互いの実家は遠く


 気軽に援助を頼める感じではありません。。


こういう時 頼れる人が側に居るといいなぁとつくづく思います。


入院3日目のこの日


医師から今後の治療法について説明がありました。


まず、今出産が始まると赤ちゃんは下からの出産に耐えられる力がまだない為、帝王切開になること。


また手術の際に輸血が必要になるかもしれないためその手術の同意書の説明がありました。


そして切迫早産の治療ですが


万一早産したときの為に赤ちゃんの肺の成長を促す注射を明日、明後日の二本打つこと。



これは前の産院でも検診時にやっていたのだけど早産を予防する黄体ホルモンの注射も引き続き週に一回やる。


そして34週か35週にになったら退院出来る。


その時には産みたい病院で産んでもいいよ、と言われました。



何か質問ある?


と言われたので、


何週になったら下から産めますか?


と聞いてみたら、だいたい赤ちゃんが1500gあれば経膣分娩出来るらしい。


入院時の推定体重は1400gだから、もう少しで1500g。


だからと言ってまだまだ出てきてもらっては困るけどね。


その日の午後から、早速赤ちゃんの肺の成長を促すステロイド注射を打ちました。


筋肉注射なので、痛いんだよね。


「お尻と肩どっちがいい?」

って聞かれたから、


「痛くない方で。」

と答えると、お尻にぶすっとやられました。


明日もこれを打ちます。